画像の説明

>>ガラスコーティングの料金表は、こちらから

アークバリア21とは

アークバリア21ガラスコーティングとは薄いガラスの皮膜でクルマのボディを包み、長期間塗装面を保護する特殊コーティング剤です。有機物を含まない『ガラス被膜』を形成し、削り取らない限りコーティング剤が流れおちることは、理論上ありません。

画像の説明

コーティング施工車の効果

画像の説明
  •  重厚感のあるボディの輝き
  •  洗車だけでOK!
  •  従来の油脂コート剤に対し 5〜10倍の超耐久性
  •  酸性雨、煙害、埃をはねかえす
  •  塗装を色褪せから守る

日常のお手入れ

画像の説明

・ 洗車後は、柔らかいクロスなどで拭き上げるようにしてください。
・ ボディの表面は薄いガラスで覆われているため、フロントガラスのお手入れと同様にお考えください。
・ 表面にくもりや繊キズなどが現れた場合、無理に磨いたりせず、必ずご相談ください。

施工後のご注意

画像の説明
  •  施工後1〜2週間は、洗車はしないでください。
       (一般的な 雨やその他汚れの付着は問題ありません。)
  •  研磨剤や微粒子系のワックスのご使用については、ガラス膜を削る恐れがあるため劣化の原因となる場合があります。

アークバリア21

別のページをご用意しております。こちらからどうぞ!